プロ雀士

プロ雀士のなりかた

 

いわゆる「プロ」という肩書きは一般的にはそれで稼いで飯くってます。ということなのだけど、「プロ雀士」はあくまで競技麻雀での話なので麻雀で稼ぐことはできないですよね

 

どういうことかというと、以下の麻雀協会や連盟に所属し一定の実績があると認められた場合(プロテストへの合格)の雀士のことをいわゆる「プロ雀士」と呼ばれます。

 

  • 日本プロ麻雀協会
  • 日本プロ麻雀連盟
  • 最高位戦日本プロ麻雀協会
  • 麻将連合-μ-
  • 101競技連盟
  • 日本プロ麻雀棋士会
  • RMU

 

プロテストにはペーパーテスト、実戦対局、面接、論文などがあり合格すれば連盟に所属してプロと名乗ることができます。ただし年会費5万円ほどが必要となります。

「プロ」としての仕事

残念ながらやはり日本では賭け麻雀で金を稼ぐことができない以上、麻雀教室の開催や、TVへの出演、執筆活動、雀荘からのゲスト料でお金を稼ぐプロ雀士ということになります。

 

あくまで名前が売れてるとか、女性でキレイ系だとか、カリスマがないと厳しい世界です。そのため雀荘勤務をしながら、というケースが多いようですね。

「プロ」の年収

プロといってもよほど名前が売れない限りは副業で稼がないと生活はカツカツです。一方的に麻雀協会に加盟料を支払い、プロを名乗らせてもらってるだけで、協会側からお給料のかたちで収入が入ることはありません。

 

年収400万いってれば相当良いほうでしょう。ほとんどの無名プロの方は麻雀以外に仕事を持って掛け持ちで生活している方が多いのが実情です。

 

麻雀で稼いでないのに本当にプロと名乗っても良いのかは疑問ですが、いちおう連盟や協会に所属することでプロが名乗れちゃうわけですから、この業界が認知されて市民権を得られ、スポンサーがついて大きな大会が開催されるなど、将来に期待したいところですね。

「プロ」なら麻雀で稼ぐべし!

麻雀で稼げない雀士でもプロと呼べるのはおかしな話だと思いますが、「実際に麻雀で稼いでるプロ」もいます!

 

どういうことか?

 

→こういうことです